神代文字を自分流で書く方法

神代文字の書き方

書き方と言っても、何の制限もない

自由なのが神代文字

何を書くか? これ大事ですね

最初は、自分や家族の名前から練習したらいいです
慣れてきたら、写経みたいに

祝詞や般若心経がいいですね
出来れば、手漉き和紙が最も神代文字が生きる

それは何故かと言うと
手漉き和紙は職人の魂(仕事や歴史に対する気持ち)

心が入ってるという事ですね
神代文字にも心があります

元々の文字そのものの心
そして、書く人の心

感のいい人であれば、他人の名前を書いてあげるとします・・・
およそ、こんな人かな? と分かる場合があるんですね

神代文字は無限の力があります

そんな話をしながら、「神代文字の書き方」を動画にしました

どうぞ、ご覧になられてくださいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。