陰の気と陽の気

気は目に見えないものですが
何となく感じ取る事ができるものです

・この場所は何か陰気
・あの人は明るいね、暗いね

天気も天の気というように晴れだったり雨だったり、どんよりの雲で
空が暗かったりします。

 

そして気は色々とありますが、心身(魂魄)が陰の気が上回っていると
マイナス的な発想になったり、それが行動(態度)言動(言葉)となり

思考をゆがめてしまう恐れもあり、何よりも不運を呼び起こし
また、万物の世界に生きてる以上、陽の気ばかりでなく

不要な(邪気)さえも知らず内に取り込んでしまいます

昔から言われてる事は「赤」を日常に取り入れる

火の性質ですね・・・

性質と言えば、水、木・土・金と人は様々です

ですから自身の性質上で自然と火の力を受けない方も
いらっしゃいます。
または日常の外側に起こる出来事を意識し過ぎる為に

守護神「火の力=陽」が思うように力を発揮できない、または阻害される

それも気であり、自然とそのような状態の陽が足りない

陰が上回るという結果になります

植物の花や実がなるのは、陰陽のバランスが取れているからです
取れていなければ、枯れてしまいます

人も動物も同じです

陽の気が回る、手助けしてくれる念珠を作ってみました

神代出雲文字で「あまてらすおおかみ」と彫っています

 

 

屋久杉と赤珊瑚のお念珠です。

こちらは精神の自分と身なる自分(魂魄)を意識する自霊お守りで

 

 

浄化された先祖(万物)が見守ってくれるように

自身の霊シンボルと先祖霊シンボルを彫っています。

どちらも持ってみないと分からない安心感があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。