三世そして子孫への真実義

仏説魔訶般若波羅蜜多心経を神代文字で書きました

神代文字なので字数が倍になってしまいました
そして「彼」の言葉とわたしの知った言葉を書いています。

この書で一番大事な事は「彼」を知ることです

そして般若波羅蜜多心経で大切なことは

最初は漢字読みで仕方がない

思考の中で「ひらがな」をイメージし自身の声が重要です
一般的によく聞く解説がされてありますが

真実の中身は深く言葉で説明できません

自身で感受する事が大切だと思います。

人は神性、仏性が生まれも死も物事に関係なく持っています

神仏への恭しくの礼拝

ここに吾、我のすべては消し去らなければならないと理解しています

「かけまくも かしこき」1つと理解しています

一切の我はないと言う事を戒めていますが

そこは感情ある肉体身・・・仕方ありませんね。

しかし、心が穢されれば「彼」の言葉も穢されます

この彼をお釈迦様と思ってはいけない・・・私は思います

神仏でもありません

便宜上、最終的に神仏になりますが

そこを知ろうとする

そして心に善を持つ思考が

自身の子、そのまた子に

光明は繋がれていきます

ここに書いてある事と自身の理解は

その家系を繁栄させ未来永劫となっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。