天照皇日大神霊符

天照皇大神符
(八百萬一切の星符)
本命祭る第一の神符

・心が落ち着かない時
・不安な時
・安心したい時
・嬉しい時、楽しい時、頑張るぞいう時

※心が騒がしい(不安)な時などにこのカードを
胸に当ててたら落ち着きます。

そんな時は天照の神様を思い浮かべるが良いでしょう
お顔や形はなくとも空を見上げたり
太陽の光を感じたりするだけで心に神籬(宮)が宿ります

また心の宮を信じ、自分を信じれば肉体は強靭となり
それが磐坂(結界)になるでしょう

すると天孫には「徳・勢・幸・貢」が成立し
自身は「徳・身・家・官・財」が成立極めます。

これを世の中の本来の道であり
要道(かなめじ)と成ります。

心に迷いがない時は(神の心)は正しく
正しい心を得た神は邪の心を解きます。

いつも神籬に磐坂でありますように

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です