最要中臣祓

現代では最要中臣祓を最要祓、大祓詞中臣祓を大祓詞とされ
肝心な名前も中身も抜けておいます。

正式な法を令として宣(のる)ことが一事万事だと
私のところでは戦後に変えさせられた詞より
古代言葉、漢文を重要視しています。

大祓は全体で12段事(~の段という)に分けられています
その中から最も重要な部分が最要中臣祓
「罪穢れを祓う」部分の祝詞です。

神を敬い嘆願する文に簡素があってはなりません

特にこの祝詞は天(高天原)を崇めくところからはじまり
神、日本の成り立ちを謹み敬い、自身の祓いが
まとめてあります。

全文227言で構成されておりバッグなどに入れて
気軽に神社等で奏上できます。

大祓詞は長いし神殿前にいずらいという時にも使えます。
短縮版でもありますが最要中臣祓という名称がついてる以上
正式祝詞であります。

私の日継宮での記録ではおよそ室町時代に、とある神道主が
作ったとされています。

祝詞は奏上する時、今日は不調の中、奏上しては失礼かなと
神様的には大丈夫なのですが人間我が身と考えてしまいます。

そんな時にも短い文面となってますので優れています。

最要中臣祓はじつは、大祓にない詞がつけられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です