人生神道

ある時は神を奉るようかのように柏手を打ち

祝詞を奏上し感謝を申し上げる

ある時は神様の前を通り過ぎ越しに声をかける

またある時は静かに正座をし神に対し語りかける

そして真夏の暑い時は神様も冷たいものが飲みたかろうと

冷えた水を差し出す

またある時は神様も一息つけたかろうと思い、湯加減がいいお茶を出す

そしてある時は美味しいショートケーキを食べたいんじゃないかなと思い

どうぞと言ってお供えする

しかし、神様はどんな仕草や態度や畏まった行儀作法をしても

いつも同じ・・・

また1日、15日、末日でも

今日一日無事だった、今があるのも全てを含む神様のおかげかもしれない

それでもいつも同じ・・・

涙して悔しがって怒って嬉しがって助け合って様々な人生を歩む

そんな時でも神様はいつも同じ・・・

あっ神様は見えないけどいつも自分のそばにいるんだ

自分の心を理解してくれてるんだ と

思ったら胸が熱くなる 温かくなる

そんな時でも神様はいつも同じ

あなたは幸せである

平安である と

自分自身の幸せなる精一杯の人生
力いっぱいの自分の人生、誰のものでもない
そこに神道があるのではないかと考える

すると神は宿題を出す
本当にそうか? と

様々な欲思を引き寄せる
そして失敗したり反省したり、喜んだりまた人生を歩んでいく
それも神道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です