結界を産むお守りと神符言霊による祓いの塩

週に一度は山からおりて
皆々様と販売と言う形で過ごしております。
様々な方がおられ心が病んでる人や

負の気を体中に充満している方をおみかけします。
信じない方が大半以上だと思いますが

何気に暮らしてる市中では皆、気づかないうちに
空からの毒や人々の思念が渦巻く悪気(鬼)に憑かれてるようです。

神様からの贈り物

家に帰れば、あー今日は仕事が忙しかったー
嫌なことがあったーと、お疲れ気味だと思います。
ここでお気づきになって欲しいのが

hitugumiya
疲れたは憑かれたのです

この疲れを身に繋らないようにするのが現代語でいうアクセサリーです
古来、どの世界でも首輪、手輪、お守りという形でありました
簡単にできる結界を産むお守りは私が作ったものでもできますし
麻紐を使った方法もあります。

紐を手首に巻く・・・1日だけのお守り

正式な麻紐でなくとも荷造り用の麻紐でも可能できます。
そして家に帰った時、天津祝詞で言霊祓いすればなおさら良いです。

そして今回、皆様にもお分けしようと作ったのが持ち塩です

 

いつも持ち歩いて、不浄な場所を通った時嫌な感覚になった時
心身の祓いで清めたいと思った時など出先で簡単にできます。

ちょっと指で掴んでサラッと空気中や地面、自分にもかけると
その場を清められます。

塩は神前においてさらに清めたもので中に禍除けの神符が入っています。

hitugumiya
○場を清める・○念を清める
○浄気という三文字神符を書いています。

塩がなくなれば御自身で荒塩を入れれば良いです神符が天津塩に変えてくれます。

入れ物は市中では手に入らないアンティークな可愛い着物生地で
巾着で作っています。バッグなのどポケットなどに

いつでも持ち塩として保管されたら良いでしょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です