祝詞を奏上する前と後の倭詞があります

神様に祝詞を奏上する際に
いきなり始まる・・・・
神社でも所作されたあと、すぐ祝詞に
入っていますが、何となく・・・

そう^^気持ち的に入りづらくありませんか?

じつは祝詞奏上前と奏上後に申す詞があるのです
この詞は慣れると
自身の自然な所作 となっていきます

また、神様に大切な詞を言うんだと気合も入ってきます。

また奏上前後の詞を言わないと落ち着かなくもなります(笑)
短いので神社でも言えますから覚えておいていいと思います^^

 

奏上前後の詞
掛巻くも  畏き この神座(かみくら)または神社に

坐せ奉る大神達の御前(おんまえ)に

 謹み敬いて  いとも厳しき(いかしき) 

御霊徳(みのり)の詞を奏上致します。

そして各、祝詞を言う。

【祝詞奏上後の詞】

掛巻も 畏き 大神達の御前にて

厳しき御霊徳の詞を持ちて

拝み奉らくと白す。

hitugumiya
何となくスッキリしませんか?

プリントではなく

ちゃんと少し厚手の半紙(和紙)で作っておいた方がいいと思います。

神様はこの部分を見ますよ・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です